本学会について

この学会は1993年6月に設立されました。宗教と社会をめぐるさまざまな問題に関心を持つ研究者が会員です。2014年4月現在の会員数は560名(会員526名、準会員34名)です。現在は宗教学、社会学、社会心理学、文化人類学(民族学)、民俗学、歴史学、精神医学などを専攻する研究者が多くを占めますが、他の分野の研究者も歓迎します。また、研究に関心を持つ、ジャーナリストや教団関係者などには、準会員という制度もあります。